心のストレッチルーム認定プロカウンセラー

認定プロカウンセラーとしてご紹介している方々は、

前田のカウンセリング理念をご理解頂いた「プロの心理カウンセラー」です。


「自身が乗り越えてきた問題や悩みをカウンセリングに活かす」という、基本理念は同じです。

自身の問題や悩みを乗り越えてきたからこそ、クライエントに寄り添える、そんなスペシャリスト(専門性の高い)なカウンセラーの育成を目指しています。

また、カウンセラーとして、クライエント(相談者)のために何ができて何ができないのかを見極めることができる人を、認定プロカウンセラーとして登録させて頂いております。

各カウンセラーが経験してきた「悩みや問題」と同じようなお悩みを、現在抱えている方には、特にお役に立てるカウンセリングルームです。

→カウンセラー開業に関するご質問・お問合せはこちら

→プロの心理カウンセラーとして「独立開業」をお考えの方はこちら


 

 

鈴木さん写真顔

「心のカフェテリア」

代表:鈴木紀美江

(1)カウンセラーになったきっかけを教えてください。
 私は、これまでに様々な辛い出来事や悩みを抱え、とても息苦しい人生を歩んできました。困難に出会うたびに一人で考え、一人で悩み、一人で解決しようと必死に頑張ってしまいました。

 しかし、それには限界があり、ある時、自分ではどうにもできなくなってしまいました。

 「なぜ、自分は生まれてきてしまったのだろう・・・」 「このまま自分はどんどん壊れていくんだ・・・」などの絶望感で頭、心の全てが支配されてしまい身動きがとれなくなってしまいました。
 そんな時に、家族の助けにより私は、カウンセリングを受けてみるという一歩を踏み出すことになりました。当時、明日のことさえ考えることができなかった私が、いま、日常の些細なことで笑っています。ご飯を食べて心から美味しいと感じています。
 私は、人は考え方や物事の受け止め方、そしてちょっとした気付きなどで大きく変わることができると知りました。

 「今」がある私は沢山の悩みや心の問題で辛い思いをしている方々にそのことを知ってもらい、力になれればという思いと使命感、そして自分にはそれができるという自信を元に、私はカウンセラーになる決意をしました。それが私がカウンセラーになったきっかけです。

 

(2)ご自身、どんな悩みや問題を乗り越えてきましたか?

●いじめ・・・小学生の頃、クラスの男子に(よく耐えていたなぁと思います。今考えてもかなり酷いものでした。)  

●母親の病と死・・・10代後半 不安、恐怖、悲しみ(とにかく辛かった、苦しかった。死を目の当たりにし生きていく恐怖に全身を覆われてしまいました。)

●父親の死・・・30代後半 空虚感、後悔(ボケに本気で向き合ってあげられず、他人任せでした。)

●自己価値観・・・過少評価、自己否定(何の為、誰の為に生きているのか? 自分が存在している意味がわからない。消えたい。自分が嫌いで仕方なかった)

●対人関係・・・誤解、トラブル、依存(苦手な人のことを考えて眠れない、いつも悪口を言われているような被害妄想の日々)  

●子育て・・・自分とわが子との関係、わが子を取り巻く友人とその父兄・学校・教師との関係、夫婦間での意見の喰い違い(年齢や環境により多種多様の問題が次々に起こりパニック。外出が怖かった)

以上のような感じなのですが、改めて人生色々あるなぁと思います。

 

(3)どんな方のお役に立つことができますか?

 カウンセラーとして私は、特に私自身が実際に体験してきたことと同じような悩みや問題でお困りの方のお役に立てると思います。同じような体験をされている方々の気持ちや状況は手に取るように理解することができます。

 クライエントさんのお話を聞くことで初めて頭でイメージするのではなく、過去に自分が体験したということで体の五感のすべてをもって理解することができるのです。
 自分を見失ってしまっている方、恐怖感や孤独感に襲われている方、子育てで悩んでいる方、母・妻・主婦など女性特有の立場でお悩みの方などに、同じ目線・共感をもとに、お力になれると思います。

 

(4)自分自身はどんな人間だと思いますか?(長所・短所、強み・弱み、性格、考え方など)

 性格を一言で表現すると「真面目」なのだと思います。自分自身でもそう思いますが、昔から友人、同僚などの周囲の人から「あなたは、真面目すぎる」という言葉を何度も言われた経験があります。

 一般的に真面目とは良い意味で使われることが多いと思いますが、私の場合は少し違います。勿論、良いほうへ発揮することもありますが私の場合、真面目さが邪魔をしてしまい、物事に対して手を抜くということができなかったり、事態を重く受け止めすぎたり、先々のことを心配しすぎたりと自分で自分を苦しめ、最終的に自分を責める・・・ 元々はそんな損な性格です。 

 以前は、そんな性格に大変苦しみましたが、現在は自分で自身をカウンセリングし、気持ちのコントロールをしています。そして、沢山の味方に守られています。沢山の友人や良き先輩・後輩に恵まれています。
 皆が今の私の心の支えであり、毎日を楽しく生きる力になっています。
 色々なことで悩み苦しんだ自分があったからこそ得ることができた「宝」だと思っています。

 

(5)クライエントさんにひと言、メッセージをお願いします。

 現在、様々な悩みや問題で苦しんでいる方々がいらっしゃると思います。とても辛く、苦しくどうしていいのかわからないことでしょう。

 私自身、辛いときになぜ自分は人間として生まれてきてしまったのか、虫や動物であったらよかったのに、と本気で考えていたものでした。しかし、今は人間だからこそできること、感じられることを沢山味わっています。

 現在、過去の辛い体験や出来事から抜け出せていない方々にも、未来は平等にやってきます。どんな未来にするかはあなた自身」です。ぜひ、新しい一歩を踏み出していただきたいと思います。