解決志向ブリーフセラピー事例/ひどいDVでボロボロの女性

 

前夫からのひどいDVでボロボロになってしまったAさん(会社員、31歳)の事例をご紹介します。

 

 前夫からのひどいDVを受け、身も心もボロボロになり離婚し、実家に戻ったAさん。「お前なんて生きている意味がない」、「死んでしまえ」、「何もできない妻だ」といった暴言や、時にはひどい暴力を思い出し、心の傷が癒されない。

 仕事は始めたものの、仕事中泣き出してしまうなどの情緒不安定な状態が続いた。苦しいながらにも何とか仕事はこなし、日常生活も送れていたので解決志向ブリーフセラピーをおこなう。

 最初の行動課題は、「週に3回はお風呂で浴槽に入る」ということだった。今まではシャワーですませていたが、ゆっくり浴槽につかることで体も心もほぐれたようだ。

 行動課題は加速し、浴槽に入る回数も増えていく。アロマや入浴剤を使い、入浴時間も長くなる。次第にお風呂に入ることが楽しみの一つとなり、日常生活でどんなに苦しいことを思い出してもリセットできるようになった。

 お風呂がきっかけでさまざまな行動を起こせるようになり、今では、結婚相談所で知り合った優しい男性と再婚。時々、嫌な出来事を思い出すことはあるものの、思い出してもリセットできる方法を知っている分、気分は安定しているという。

 

 過去にどんな苦しい出来事があったとしても、トラウマを抱えていたとしても、今現在、苦しいながらにも日常生活を送れているというのであれば、解決志向ブリーフセラピーは効果を実感できる。

 行動や結果に波はあるので、行動課題がうまくできない時期もある。決めたことの半分しかできないこともある。でも、それは構わない。1日単位でみればできなかったことでも、1週間単位でみればできていることもある。1週間前と比べたら明らかに今までと違う行動を起こしている。そう考えれば、1週間前よりマシになったと思える。

 「上手くいっていないのであれば、なんでもいいから違うことをせよ。上手くいかない方法を続けるな。」これは、解決志向ブリーフセラピーの基本原則。つまり、同じことをしていたら同じ結果になることは目に見えているということだ。当たり前のことではあるが、多くの人は過去から繰り返してきた習慣的なパターンを繰り返している。

→セラピー内容決定/料金のご案内

解決志向ブリーフセラピー事例/上司のパワハラでうつ状態

上司のひどいパワハラでうつ状態になり、子会社に出向を命じられ雑用ばかりさせられていたNさん(会社員、40歳)の事例をご紹介します。

 

 「何で自分だけこんな目に?」怒り、虚しさ、情けなさを感じる日々を送っていた。周囲の人が妬ましく感じることもあり、そう感じるたびに自分に対する情けなさを感じていた。

 「自分はこんなところで終わる人間ではない!」だがどうすればこの状況から抜け出せるのか、わからないでいた。

 Nさんは悲観的ではあったが、腐っていたわけではなかった。与えられた仕事はきちんとこなし、仕事が始まる30分前に出勤するなど勤務態度もよかった。

 そんな状態で解決志向ブリーフセラピーは始まった。

 最初の行動課題は、「奥さんの話を1日5分否定せずに聞く」ということだった。共働きということもあり、最近夫婦の会話が減っていたことが気がかりだった。奥さんの話をじっくり聞くことで夫婦関係に変化が起こる。奥さんが優しく接してくれるようになったのだ。それが嬉しく、優しさを優しさで返すという好循環に入る。

 会社で嫌なことがあっても家に帰れば温かい気持ちで過ごすことができる。それが安心感につながったのだろう。今では、会社で一目おかれる存在になるべく、「ファイナンシャルプランナー」の勉強に励んでいる。

 

 

 幸せを何に求めるかは人それぞれでいい。仕事に求めてもいいし、家族にもとめてもいい。人によっては趣味に求めるということがあってもいい。

 大切なのは、その時々の「座標軸」を持つこと。「座標軸」とは、これだけは何が何でも大切にしたい、守りたいという自分自身の中での「軸」だ。

 学生時代は人間関係、就職したら仕事、結婚したら家族というように変わってもいい。その時々の座標軸が決まっていれば、天秤にかけて比較することができる。たとえば、家族が軸ならば「家族関係を崩してまで仕事を頑張らなくてもいい」、というように、自分にとっての本当に大切ことや幸せを見失わずにすむ。それが守れれば、悩むことも少なくなるかもしれない。

→セラピー内容決定/料金のご案内

解決志向ブリーフセラピー事例/大学に行けなくなり引きこもり生活

大学に行けなくなり引きこもり生活をしていたSさん(大学2年、男性)の事例をご紹介します。

 

 父親が校長先生ということもあり期待が大きく、プレッシャーを感じていたSさん。父はなんでも自分の思い通りにしないと気がすまない支配的な人だった。学校のこと、部活のこと、塾のこと、全てにおいて干渉し子どもの人生を支配しようとした。「将来は、お父さんのような教師になれ!」が口ぐせだった。

 その期待に応えようとSさんは精一杯努力した。努力の末、東京の超有名大学に進学する。

 ところが、2年生になり大学に行けなくなった。独り暮らしで引きこもり。そんな状態で解決志向ブリーフセラピーが開始した。

 最初の行動課題は、「1日に3回お茶を飲む」ということだった。お湯を沸かして、お茶葉を入れて、お湯を注ぐ。飲み終わったら急須を洗う。Sさんにとってはそれがその時できる精一杯のことだった。そのことをきっかけにして、乱れていた生活が立ち直っていく。

 今では大学こそ辞めてしまったものの、週5回のアルバイトをしながら公務員になるための勉強をしている。一見遠回りをしているようにもみえる人生だが、親の支配から脱出し「人生の選択権」を手に入れるためには、必要な試練だったのかもしれない。

 

 自分で決めたことを自分でおこなう。自分との約束を守るというのが、自信を持つためには大切なことだ。自分で決めたことであれば、それはどんな簡単なことでもいい。Sさんの事例で言えば、「1日3回お茶を飲む」こと。

 お茶を飲んだところで何が変わるのか?そう思う人もいるかもしれないが、お茶を飲むこと事態が目的ではない。本当の目的は、自分で決めた約束を守ること。そして、自分自身のことを信用できるようになること、そこにある。

 そうは言っても、「こんなことをしても何も変わらない」、「何をやってもどうせ変わらない」そんなふうに思うこともある。確かに何か行動を起こしたとしても、何も変わらないこともある。気分は不安で憂うつなままかもしれない。

 そんな考えに支配されそうになってしまったら、「何もしないよりかはマシ」と考えればいい。

 「何もしなければゼロ」それは客観的な事実だ。

→セラピー内容決定/料金のご案内

解決志向ブリーフセラピー事例/子どもとの関係がギクシャクしてしまった小学校教師

初めての高学年の担任を任され、子どもとの関係がギクシャクしてしまった小学校教師Mさん(女性、35歳)の事例をご紹介します。

 

 今まで低学年ばかりの担任で、その指導が身についてしまっていた小学校教師のMさん。高学年になると、時には厳しいことを言わなくてはならないのだが、厳しく指導ができない部分があり、子どもたちになめられてしまっていた。

 授業中、歩き回る子どもや授業妨害をしてくる子どももいる。指導はするが、あまり変化が見られず、子どもたちとの関係がギクシャクしていて苦しい状態だった。

 「いっそうのこと、教師を辞めてしまおうか」、「教師に向いていないかも」といった後ろ向きなことばかりを考える毎日だった。そんな苦しい状態ではあったが、何とか気持ちを奮い立たせ、仕事はこなしていた。

 Mさんには、「自分の適性」がどこにあるのか、知ってもらった。教師生活13年。ずっと上手くいっていなかったわけではない。うまくいっていた時と、うまくいっていないときとの違いを探ってもらった。すると、低学年での成功体験が多かった。

 自分の適性は高学年向きでなかったことに気づいたMさん。その年はなんとかしのぎ、次年度からは低学年に戻してもらった。そして少しずつ自信を取り戻していった。

 


 組織で働いていれば、自分の意志が通らないことは当然ある。Mさんのように希望が通ることはまれかもしれない。だが、一度やってうまくいかなかったことを改善することは難しい。

 もちろん一度失敗しても、視点をまったく切り替え、新たな挑戦を始めればチャンスへと導くことはできる。しかし、よほど戦略を組んでやらないと、同じことを繰り返すのが人間だ。

 人には向き不向きがある。努力して、試行錯誤して、頑張ってもできないものは、できないのだ。優しい人が無理に厳しい人になる必要はない。であれば、自分の適性を知り、成功体験を再現させたほうが回復は早いし、自分らしい人生を送ることができる。また、管理する立場としても辞められるよりかは、よっぽどいい。

 「うまくいっていることはそのまま続ける」このことは、解決志向ブリーフセラピーの基本原則だ。

 だが、多くの人は、うまくいっている自分なりの行動パターンを知らないでいる。

→セラピー内容決定/料金のご案内

解決志向ブリーフセラピー事例/失恋のショックから人間不信になり引きこもり

失恋のショックから人間不信になり引きこもりをしていたHさん(28歳、男性)の事例をご紹介します。

 

 彼の人生は「逃げる人生」だった。中学生時代テニス部に入るが先生と反りが合わず退部。高校時代そんな自分を変えたく陸上部に入るも先輩の厳しい指導に絶えられず退部。1浪して入った大学は勉強についていけず3年生で退学。退学後は就職してもきっとうまくいかないといった不安から、就職活動もせずフリーター生活。

 そんな時に失恋をし、引きこもり生活を送っていた。

 彼には成功体験が少なかった。自信も持てなかった。何をやってもうまくいく気がしないでいた。

 引きこもり生活3カ月目の時、親の勧めで解決志向ブリーフセラピーを受けることになった。当初は本人の意志での申込みでなかったためか、セラピーに協力的でなかった。だが、徐々に信頼関係が築けるようになり心を開いてくれるようになる。

 彼が始めに決めた行動課題は、「朝起きて歯磨きをすること」。週3回のノルマから始めた。生活習慣が乱れていた彼にとってはそれが無理なく簡単にできる行動課題だった。

 週3回できないで自分を責めた時期もあったが、Hさんは、そんなできない自分も受け入れられるようなる。今までのHさんは、「白か黒か」という思考パターンで生きづらさを感じていた。白黒思考が悪いわけではないが、極端になりすぎると「少しできた自分」を受け入れることができない。

 行動や結果には必ず波がある。出来るか出来ないかで常に自分自身を評価していると、「少しだけできた自分」を受け入れることができない。

 少しだけできた自分を受け入れられるようになったHさんは、少しずつできることが増え、生活習慣が立ち直っていく。今では引きこもりが改善し、就職活動を行っている。

 

 おそらくこの先も思いどおりにならないことはあるだろう。傷つくこともあるだろう。だが自分で決めたことを自分の意志でおこない、引きこもりから脱出したことは自信になる。

 自分の力ではどうしようもならないことは、逃げることがあってもいい。だが逃げるだけの人生では、逃げぐせがついてしまい成長はない。時には、戦うことも必要だ。

 数年後になれば、「あのときの苦しい出来事があったからこそ今がある」

 Hさんにはそう思える時期がきっとくるはずだ。

→セラピー内容決定/料金のご案内