子どもに虐待してしまいそうで怖い母親のための心理カウンセリング

子供に虐待しそうで怖い感情のコントロールが苦手母親のための心理カウンセリングです。

 

 

  • 怒りが抑えられない
  • 突然爆発してしまう
  • しつけの範囲を越えてしまう
  • 実は私も親から虐待されていた
  • 自分の親と同じことをしてしまいそうで怖い

 

といった緊急性の高い悩みに答える心理カウンセリングです。

 

虐待を、

「過去に人として尊重されなかった痛みや悲しみを、怒りの形で子供に爆発させている行動」として捉えたとしたら、虐待を繰り返す親や、虐待をしてしまいそうで怖い親もまた被害者なのかもしれません。

 

あなたがもし、幼少期に親から虐待を受けていたとしたら、その虐待は世代を通じて繰り返される可能性があります。

まさに、「負の連鎖」と言えます。この脈々と繰り返されてきた「負の連鎖」をあなたが止めなければ、次の世代にも、またその次の世代にも受け継がれることになってしまいます。

そんな「負の連鎖」はどこかで止めなければならない、と私は思います。

 

「人は知らない誰かにはなれない」と言われています。

子どもが親の行動や態度を真似したり、子どもが親と同じような仕事に就くのはそのためです。よくも悪くも子どもは素直な目で親を見ています。

もしあなたが、幼少期に親から虐待を受けていたり、虐待現場を目撃していたとしたら、「親と同じことをしてしまうのではないか」という恐怖心を抱くのは当然なのかもしれません。

 

そして、知っておいてほしいのは、怒りを感じることが問題なのではなく、怒りを子供に爆発させてしまうことが本当の問題なのです。つまり怒りを感じたとしても、爆発という形で行動にさえ起こさなければよいわけです。

 

もし、今現在、あなたの置かれている状態が、自分で自分をコントロールすることが難しいようでしたら、助けを求めることも必要です。そんなあなたのお役に立てるカウンセリングルームです。

 

 

具体的な悩みをご紹介(カウンセリングでの内容を一部抜粋)

 

  • これって虐待なのか、しつけなのか、線引きができていない。でも、こんな悩み誰にも相談できないし・・・
  • 母親は、家事、育児、仕事も完璧にこなして、家庭では太陽のような明るい存在でいなければならない。でも、そう思えば思うほど苦しくなって、子どもに爆発してしまう。私は、母親失格なのだろうか?
  • 勉強の成績が悪いとイライラして、本当は言ってはいけないことを言ってしまう。言ってしまってから後悔するの繰り返し。ひどい罪悪感にさいなまれる。
  • いつも散らかしっぱなしで片付けができないことにイライラ。きつく当たってしまう。どうしてこの子は何度言ってもわからないの?
  • うそをつくことにイライラ。人間だからウソをつくことは、頭では分かっている。でも、そのことを強く責めてしまう。
  • 夫が育児に協力的ではなくて、もう限界。「なんで私だけこんな大変な思いをしなければならないの?」爆発寸前。
  • 何度起こしても朝起きてこないことにイライラ。私の育児が悪かったのかしら。
  • 「あんたがこんなんだからこの子はこうなるのよ!」と、自分の親に子育ての指摘をされることに強い怒りを感じる。「こんな私を育てたのはあなたでしょ!」

 

カウンセリングでの変化や気づき(内容を一部抜粋して紹介)

 

  • 片付けが苦手な息子にイライラしていたけど、子どもの立場に立って、その気持ちを想像したとき、「片付けのやり方が分からないのかも」ということに気づいた。「片付けなさい!」とはいつも言っていたけど、片付け方法を教えたことはなかった気がする。(20代女性)
  • 親として子どもに出来ることは、私の生きざまを見せること。生きる姿勢を見せること。忙しすぎて、混乱しすぎて、自分が今後どうなりたいかなんて考えられなかった。子どもの成長は私の喜びだけど、子育てが私の生きがいの全てになってはダメなんだ。(40代女性)
  • 虐待しそうで怖いということにとらわれすぎていたかも。子供に親として何ができるのか見失っていた。(30代女性)
  • 親から虐待を受けていたので自分も親と同じことをしてしまうのではないかと、いつもびくびくしていた。「負の連鎖」を食い止めるのが、私の生まれてきた使命なのかもしれないと、今は感じている。(30代女性)
  • 怒りの感情がどうして出てくるのかわかって、少しだけ変われそうな気がした。自分の問題と子供の問題の線引きができていなかったのが問題だった。 (20代女性)

 

子供に虐待しそうで恐いと感じているあなた、まずは1回カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか?

1回のカウンセリングで解決することは稀ですが、1回受けなければ何も変わりません。

「子どもへの虐待防止カウンセリング」では、話しを聞くだけではなく、「怒りのコントロール方法」や「親として本当に大切なこと」などを具体的に伝授し、早期改善を目指します。

早期改善を目指すのは、虐待の悩みは緊急性が高く、尊い命が失われる可能性があるからです。

 

具体的にどんなことをするの?

初回はまずお話を聞き、あなたにマッチした心理療法をおこないます。(90分以上のコース)2回目以降は、前回のカウンセリングから気づいたことなどを聞き、変化を加速させる心理療法をおこないます。

 

例)

1回目:混乱した気持ちの整理

2回目:怒りのコントロール方法を知る

3回目:子どもの立場に立ち、本当の気持ちを知る

4回目:子どもとの精神的な距離間を変える

5回目:親として何が大切か?子どもに何ができるのか?を知る

*あくまでも、一例です。

*前田が使える心理療法は30種類以上あります。

*回数は5回前後を目安としてください。多くても10回くらいで変化を実感できる心理カウンセリングです。

 

 


● 料金・時間について


45分(1回分の料金): 9.000円(税込)

90分(1回分の料金): 15.000円(税込)

120分(1回分の料金): 20.000円(税込)

 

*料金はセッション終了後、お支払い願います。

*金額は上記以外のものは一切かかりません (こちらの都合で延長した場合もです)

*料金は予告なく値上がりすることはありますが、「初回」にお申込み頂いた時点の「料金設定」が永久に適用されます。

 


● 開始時間について


 第1回目  10:30〜
 第2回目  14:00〜
 第3回目  18:00〜
 第4回目  20:00〜

→ご予約状況を確認したい方はこちら

 

 


● 場所について


ルーム部屋埼玉県川越駅西口 徒歩3分のカウンセリングルームでおこないます

→カウンセリングルームの場所はこちら

 

 

 


● ご予約方法について


お申し込みフォーム、お電話で承っております。

→お申し込みフォームでのお申込みはこちら

 

▽▼お電話でのお申し込み・お問合せはこちら▼▽

携帯電話090-2239-0336  

埼玉の心理カウンセリング 「心のストレッチルーム」

担当者: 前田(まえだ)

電話
受付時間:月〜日 7時〜20時

→お申込みフォームはこちら

→ご予約状況を知りたい方はこちら

*面談中は、留守電になっている場合があります。お名前、メッセージをお残しいただければ、折り返しご連絡させていただきます。

→前田からの電話の返信がないお客様へ

 

 

 

よくあるご質問

◆対面カウンセリングと何が違うのでしょうか?

怒りをコントロールし、行動が爆発しないようにする事が目的のカウンセリングです。緊急性の高い問題なので、早期改善ができるプログラムを組んでいます。

 

◆何回くらい受けた方がよいですか?

問題の深刻さにもよりますが5回前後を目安としてください。多くても10回くらい。ある程度怒りをコントロールできるようになったら、期間を空けて確認のために受けるクライエントさんもいます。

 

◆45分、90分、120分とありますが、どの時間を選んだ方がよいですか?

45分は、話を聞くで終わります。90分は、話を聞くことはもちろんのこと、怒りのコントロールに有効な心理療法をおこないます。120分は、怒りのコントロールに有効な心理療法をおこない、話したいことがたくさんある人向けです。

 

◆どのくらいの間隔(期間)で受けたほうがよいですか?

問題の緊急度にもよりますが、最初の数回はあまり空けなくても大丈夫です。1〜2週間の間隔で受けられる方が多いです。

 

◆本当に怒りをコントロールできますか?

怒りが発生する仕組みと、怒りの対処法を知ることができれば、コントロール可能です。ただ、本当に問題なのは怒りが発生することではなくて、怒りを行動としてお子さんに爆発させてしまうことです。怒りを感じるのは人として自然なことです。

 

◆お支払いはいつすればよいですか?

当日、カウンセリング後にお支払い頂きます。

 

◆カードは使えますか?

申し訳ございません。お支払いは現金のみとさせて頂いております。

 

◆初回のカウンセリングで何か用意するものはありますか?

特にございませんが、話す内容をメモしておくと話忘れたということはないのかと思います。

 

◆現在、虐待のようなことをしてしまっていますが、受けられますか?

はい、受けられます。

 

◆スカイプで受けられますか?

はい、受けられます。

お申込みフォームの「セラピストに伝えておきたいこと」の欄に以下の2点をご記入ください

@【スカイプ・音声通話】もしくは【スカイプ・ビデオ通話】

Aスカイプ名

 

例:@【スカイプ・ビデオ通話】 Acocorosut

→お申込みフォームはこちら

・前田のスカイプ名は、「cocorosut」です。お申込み後、「連絡先追加のリクエスト」をおこなって頂いてもかまいません。

・詳細は、予約調整時にメールにてお伝えします。

・お申し込み後、確認メールとともに振込先金融機関をお知らせいたします。

・事前の振込をお願いしております。

・開始時間・料金は同じです。

 

その他、ご不明点、ご質問などございましたら「お問合せフォーム」または、お電話にてご連絡ください。

→お問合せはこちら

子供への虐待防止カウンセリング「お申込みフォーム」

子供への虐待防止カウンセリング「お申込みフォーム」です。

お名前(必須)

(例:山田太郎)
お名前(フリガナ)

(例:ヤマダタロウ)
性別(必須)
男性
女性
(性別を選択して下さい。)
メールアドレス(必須)

(例:xxxxx@xyz.jp)
半角でお願いします。
自宅都道府県(必須)

(都道府県を選択して下さい。)
携帯TELまたは、自宅TEL(必須)

(例:090-1234-5678)
半角でお願いします。
カウンセリングの内容(必須)
45分
90分
120分
希望日時(必須)
※2500 文字以内でお願いします

(例:@3月22日14時〜A3月25日20時〜B4月1日18時〜)
心理カウンセリングを受けたことがありますか?
初めて
1〜2回
3回以上
セラピストに伝えておきたいこと
※2500 文字以内でお願いします

(例:仕事の都合上、開始時間を19時〜にしてもらえないか)

内容をご確認の上、よろしければ下記ボタンをクリックして下さい。

(上記ボタンを押した後、次の画面がでるまで、4〜5秒かかりますので、続けて2回押さないようにお願いいたします。)

入力がうまくいかない場合は、お電話にてお申込み願います。